イソップ物語のふくろう

こんばんは
ふくろうcafeのカントリー・オウルです


今日は寓話に登場する
ふくろうさんのお話です。

「アリとキリギリス」や「北風と太陽」でおなじみのイソップ物語
ふくろうのお話があることをご存知でしょうか?

イソップ物語の中で
ふくろうはこんな寓話として登場します


フクロウと鳥たち』

オークの木が発芽したとき、フクロウは賢い鳥だったので、このままこの木を成長させてはならない、と他の鳥たちに呼びかけました。もしこの芽を今根絶やしにせず、このまま成長させれば、この木から我々を捕えたり、破滅させることが出来る罠が作られていく、とアドバイスをしました。

後に人々が種をまき始めたとき、フクロウは鳥たちに、亜麻の種を引き抜くべきだ、さもないと我々鳥類に大惨事をもたらすことになると、言いました。

3度目にフクロウが、弓を手にした男を見たとき、今歩き去ったこの男は、いずれ我々の羽を求めて襲ってくる、そうすれば羽根をつけた矢を作ることができるからね、と言いました。

しかしながら、フクロウのこれらのアドバイスを、他の鳥たちが聞き入れることはありませんでした。むしろ、鳥たちは、このフクロウが正気ではないし狂っている、と言っていたのでした。

結局、鳥たちはこれ以上のない驚きをもって、フクロウが言っていたことが全て正しかったことを知るのでした。それ故、鳥たちはフクロウに出会ったときは、叡智者として崇拝しましたが、フクロウは二度と彼らにアドバイスをすることなく、ホーホーと鳴くだけとなりました。

イソップ物語でふくろうは
「先見の明を持つ賢い鳥」として登場するんですね。

イソップ物語は
紀元前6世紀のギリシャの寓話作家イソップの創作と言われています。

ふくろうが知恵の象徴として
人々に広く知られるようになったのは
実はイソップ物語がきっかけだったのかもしれませんね。


IMG_8144.JPG

****************

『しあわせをよぶフクロウカフェ Country Owl』

■場所: 和歌山県岩出市備前42 プチツール2F(カメレオン・ハート隣)  
     2016年5月14日(土)OPEN

■営業時間:  平日 11:00~19:00(受付18:00まで)  
        土日祝 11:00~20:00(受付19:00まで)

■定休日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は営業いたします)

■ご予約承ります。 TEL:090-1243-7217、090-8792-7145 メール:fukuroucafe.countryowl@gmail.com

■ふれあい料金(1時間)1,000円(税込) フクロウとのふれあい、記念撮影・手に乗せるなど遊ぶことができます。

■エサやり体験:300円 ■ドリンク: ソフトドリンク 250円 、アルコール 600円

■生体の販売・ご予約、飼育グッズ、餌の販売、鳥のメンテナンス(要予約)サービスもございます。

■交通手段: 【電車ご利用】JR岩出駅より徒歩15分、車5分またはJR紀伊駅より車12分 【車ご利用】 阪和自動車道「泉南インターチェンジ」より約15分 京奈和自動車道「岩出根来インターチェンジ」より約5分

※駐車場多数あります。 ご来店をお待ちしております!



この記事へのコメント