人とメンフクロウの共存共栄♪

今回のふくろうよもやま話
農業で活躍するふくろうさんのお話です。


日本では
一時、アイガモ農法が話題になりましたね。
アイガモを田んぼに離して
雑草を食べてもらうという農法です。


世界に目を向けると
メンフクロウ農法なるものが
存在します。


ところは
中東のイスラエル

人口800万人の小さな国ですが
インテルやマイクロソフトなど
世界的なハイテク企業の研究部門が軒を連ね、
中東のシリコンバレーと呼ばれる一方で、
食糧自給率95%を誇る農業国でもあります。


イスラエルの農業における悩みは
ねずみに作物が荒らされるという問題。

この問題の解決に一役買っているのが
メンフクロウなのです

IMG_7534.JPG
(たまことカントリーオウル玄関前にて)

メンフクロウ農法
畑のあちこちに
案山子ならぬメンフクロウの巣箱を立てて棲みついてもらい、
ねずみを食べてもらうという農法です。

この試みは大成功で
もう30年以上続いているのだそう。

人とふくろうが身近に共存し、
殺鼠剤を使わない
エコロジーなすばらしい農法ですね


ではなぜメンフクロウなのか?
ということですが、
他のふくろうでは縄張り意識が強いため
共存できずダメなのだそうです。

メンフクロウさんエラいっ


それにしても
田園風景に溶け込むメンフクロウの姿というのは
想像するだけでも
とっても絵になりますね~


***************

『しあわせをよぶフクロウカフェ Country Owl』

■場所: 和歌山県岩出市備前42 プチツール2F(カメレオン・ハート隣)  

     2016年5月14日(土)OPEN

■営業時間:  平日 11:00~19:00(受付18:00まで)  

        土日祝 11:00~20:00(受付19:00まで)

■定休日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は営業いたします)
■ご予約承ります。 TEL:090-1243-7217、090-8792-7145 メール:fukuroucafe.countryowl@gmail.com

■ふれあい料金(1時間)1,000円(税込) フクロウとのふれあい、記念撮影・手に乗せるなど遊ぶことができます。

■エサやり体験:300円 ■ドリンク: ソフトドリンク 250円 、アルコール 600円

■生体の販売・ご予約、飼育グッズ、餌の販売、鳥のメンテナンス(要予約)サービスもございます。

■交通手段: 【電車ご利用】JR岩出駅より徒歩15分、車5分またはJR紀伊駅より車12分 【車ご利用】 阪和自動車道「泉南インターチェンジ」より約15分 京奈和自動車道「岩出根来インターチェンジ」より約5分

※駐車場多数あります。 ご来店をお待ちしております!

"人とメンフクロウの共存共栄♪"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: